競売を防ぐ

知っておくとよい情報と注意点

任意売却を行なうときは、時間切れに注意しなければなりません。住宅ローンを滞納して、早ければ3ヶ月で期限の利益を失います。すると、保証会社が一括で住宅ローンを金融機関に支払い、交渉相手が保証会社にかわります。すると、保証会社が競売の申し立てを行い、3ヶ月〜6ヶ月後に競売入札が開始されます。こうなるともう時間切れで、任意売却での解決が難しくなります。 任意売却には1ヶ月〜3ヶ月がかかると見て、早めに専門家などに相談する必要があります。早めに相談したほうが、例えばそのままその家に住み続けられる解決方法を考えたりなど、できることも増えてきます。 また、任意売却では(競売でも同じですが)、住宅ローンを滞納することになるので、金融ブラックになってしまい、しばらくはクレジットカードやローンの審査に通らなくなります。先のことなどをよく考えておく必要があるでしょう。

任意売却を行なうことで得られるメリット

任意売却を行なうことで、得られるメリットには次のようなものがあります。まず、不動産をほぼ市場価格で売ることができます。競売ではかなり安い値段で売れてしまうので、これは大きなメリットになります。次に、近所に知られることなく不動産の売却を行なえます。競売では、近所に知られてしまい、特に小さいお子さんのいる家庭では精神的負担がかかる場合があります。さらに、引っ越し費用などが手元に残せる可能性があります。競売では売却金はすべて借金の返済にまわされてしまい、手元に一切資金が残せません。また、家族間売買や、親族間売買、理解のある投資家に買ってもらうなどの方法を取ることで、不動産を売った後も同じ家に住み続けられる可能性があります。もちろん家賃は払わなくてはなりません。